( ^ω^)ブーン系小説完結作品集('A`) 〜('A`)ドクオは外道のようです〜

( ^ω^)ブーン系小説完結作品集('A`)

( ^ω^)ブーン系小説完結作品集('A`)更新情報


TOP ( ^ω^) ('A`) ( ´_ゝ`) (´・ω・`) 川 ゚ -゚) (*゚ー゚) ξ゚听)ξ




当サイトはブーン系小説の完結作品集 です。 読み物系は嫌いって方はご退場ください


下記からブーン系小説のジャンルを選択してください
ギャグ系:
戦闘系:
五十音別:
感動系:
カオス系:
作品一覧:
下ネタ系:
未分類:
その他:
6 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:16:46.65 ID:48COveCx0

キーンコーンカーンコーン・・・


川 ゚ -゚)「失礼しました」

「うむ。気おつけて帰れよ」

川 ゚ -゚)「7時か。ずいぶん遅くなってしまったな」

クーは職員室を出て、暗い廊下を歩いていた。

川 ゚ -゚)(・・・さすがにもう残ってる生徒はいないか)

ふと、教室の足を止める。

川 ゚ -゚)(誰もいない教室・・・)

クーは静かにドアを開けると、中へ入っていった。


――('A`)ドクオは外道のようです


7 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:18:26.55 ID:48COveCx0
川 ゚ -゚)「・・・う・・・ん」

闇に包まれた教室に、クーの声だけが響く。

川 ゚ -゚)(本当はいけないことなんだろうが・・・駄目だ。抑えられん)

川 ゚ -゚)「ん・・・」

クラス委員長を務め、成績も優秀なクーにとってたった一つの秘密。

それが、この自慰行為だった。

川 ゚ -゚)「う・・・くぅ」

「へぇ。いい声してるじゃん」

川;゚ -゚)「!?」

振り向いた瞬間、強烈な閃光がクーの視界を奪った。

('A`)「ひひ・・・撮っちゃった」




8 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:20:38.63 ID:48COveCx0

川;゚ -゚)「お、お前・・・ドクオ!?」

('A`)「いきなり変な声が聞こえたと思えば・・・まさかクーさんだったとはね」

ドクオはカメラを手に持ちながら不適に微笑んだ。

川;゚ -゚)「こ、これは・・・その」

('A`)「なーに、わかってるよ。クーさんだってお年頃だもんな」

川;゚ -゚)「あ、ああ。ドクオ、この事は内密にしてくれないか・・・?」

('A`)「えー、もうやだなぁ。俺だってもう17歳だよぉ。わかってるって」


9 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:22:35.00 ID:48COveCx0
川;゚ -゚)「そうか・・・すまん、見苦しいところを見せてしまった」

('A`)「ただし!」

ドクオは半笑いを浮かべる。

('A`)「僕の言うことを、ちゃ〜んと聞いてくれたらね・・・ふひひ」

川;゚ -゚)「――なっ!」


クーの頭は、絶望と混乱で真っ白になった。


12 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:26:18.34 ID:48COveCx0

・・・・・・

・・・

川 ゚ -゚)「う、う〜ん」

クーは目をこすりながら、体を起こす。

川 ゚ -゚)「・・・夢、だったのか?」

川 ゚ -゚)「そうだな、あれは夢だ。間違いない」

そう自分に言い聞かせ、いつものように洗面所へ向かい、顔を洗う。

いつもの朝。

いつもの朝食。

川 ゚ -゚)「いってきます」

そして、いつものように登校する。

何ら変わりの無い日常そのものだった。




13 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:26:39.88 ID:48COveCx0
川 ゚ -゚)「みんな、おはよう」

「おはよー!クーさん!」
「クー、おはよう」



川 ゚ -゚)「な、内藤。おはよう」

( ^ω^)「ん、ああクーかお。おはよう」

川 ゚ -゚)(今日もカッコイイ・・・。はぁ、見とれてしまう)




14 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:28:47.68 ID:48COveCx0

「おはよう、クーさん」

川 ゚ -゚)「ああ、おはよ・・・!?」

('A`)「ふふふ」

川;゚ -゚)(う、ど、ドクオ)

('A`)「ふひ、ふひひひ・・・」


「何あれ、キモ」
「根暗がクーに対して挨拶なんてする権利ないし」
「クー、行こ!」

川;゚ -゚)「あ、ああ」



17 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:33:24.45 ID:48COveCx0

「ここの計算式は、この方式を使って〜」

川;゚ -゚)「・・・」

('A`)「ハァハァ・・・ンッッハァ・・・ふふひ」


「ちょ、ドクオキモッ! 今日は一段とやばくない?」
「隣の席のクー可愛そ〜。後でケンジクンにシメてもらおうよ」


('A`)「ううん、うん、うん、ゴホン!」

川;゚ -゚)(な、何だ? ノートの切れ端・・・?)


「昨日の事、忘れてないよな?ネガはちゃんとあるぜ?」


川;゚ -゚)「――!!」


20 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:37:16.50 ID:48COveCx0

「ここは〜だから、この答えになるんだ」


川;゚ -゚)(やはり昨日のあれは夢じゃ無かったのか・・・!)

('A`)「スーハースーハー。ふ、ふふ」

川;゚ -゚)(どうすればいいんだ・・・。あんな写真をばら撒かれたら私は・・・!!)

('A`)「んふ」

川 ゚ -゚)(またノートの切れ端?)


「手始めに、お前のシャーペンの芯を一本よこせ」


川;゚ -゚)(な、なんだと? 意味がわからん・・・。だが、下手に逆らわないほうがいいな・・・)



22 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:39:43.99 ID:48COveCx0

川 ゚ -゚)「ほ、ほら」

('A`)「んふ」

('A`)(ペロペロ・・・ペロペロ・・・)


「キャ―――!! ドクオが何か舐めてる――!!」
「え、え、うわぁぁぁあああ!!!」
「離れろ、きめぇぇぇっぇぇぇええ!!」

('A`)「チュパチュパ・・・ん、可愛いよ。ん」


川;゚ -゚)「う、うぇぇぇ」


26 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:42:13.60 ID:48COveCx0

「こら、そんなことでいちいち騒ぐな。いつものことだろ」

('A`)「先生、授業を進めてください」

「あ、ああ」


川;゚ -゚)「うぇ、うぇぇ。寒気と吐き気と頭痛が・・・」

「大丈夫!?クー!」
「おい、保健室へ運べ!」
「こっちも3人倒れたぞー! 救急車呼べ、救急車!」



30 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:45:02.41 ID:48COveCx0

川;゚ -゚)「はぁ、はぁ・・・」

( ^ω^)「大丈夫かお? ほら、保健室まで行くお」

川 ゚ -゚)(な、内藤!? ――よしっ!)

川;゚ -゚)「す、すまない。足に力が入らないんだ」

( ^ω^)「ん、じゃあ肩貸すお。よっと・・・」

川*゚ -゚)「ありがとう、内藤」


('A`)「・・・(ペロペロ、ムシャムシャ)」



33 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:47:23.70 ID:48COveCx0

( ^ω^)「っと、先生いないみたいだお」

川*゚ -゚)「あ、ああ。そうだな(よしよしよしっ!)」

( ^ω^)「とりあえず、横になったほうがいいお」

川*゚ -゚)「ああ。――あっ!」

(;^ω^)「うわっと」

バフ・・・


( ^ω^)「・・・お」

川*゚ -゚)「・・・あん」



36 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:50:42.56 ID:48COveCx0

(;^ω^)「す、すまないお!」

川*゚ -゚)「き、気にするな。仕方ないことだ」

( ^ω^)「それじゃ、ゆっくり休んで体直すお」

川 ゚ -゚)「・・・行ってしまうのか?」

( ^ω^)「お?」

川 ゚ -゚)「な、内藤。その」

( ^ω^)「・・・?」

川*゚ -゚)「・・・」


川*゚ -゚)「あ、いや。・・・なんでもない」

( ^ω^)「そうかお? それじゃ、お大事にだお」

バタン


39 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:53:05.11 ID:48COveCx0

川 ゚ -゚)「行っちゃった、か」

川 ゚ -゚)「はぁ・・・」

川 ゚ -゚)「・・・」                ('A`)・・・デーレ


川 ゚ -゚)「・・・」            ('A`)・・・デーレデレデレデーン


川 - )「!?!?」  ('A`)「うふ」




41 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:56:16.51 ID:48COveCx0

川;゚ -゚)「な!? ど、ドクオ!?」

('A`)「クーさんのシャーペン、最高だったよ・・・うふふ」

川;゚ -゚)「ど、どこから入って・・・!? う、うえぇぇ」

('A`)「どこから? ・・・僕はずっとここにいたよ。ベットの下にね」

川;゚ -゚)「な!?」

('A`)「んーん、いい香り。クンクン、スーハースーハー・・・ちっ、内藤の匂いも混ざってやがる」


川;゚ -゚)「ち、近寄るな! う、うぇ・・・」

('A`)「んー? そんな事言っちゃっていいの?」




47 名前:1[] 投稿日:2007/02/19(月) 23:59:33.28 ID:48COveCx0

('A`)「こ・れ♪ 現像しちゃいましたー♪」

川;゚ -゚)「――ッ!」

('A`)「こんなの、家族やクラスのみんなに見られたらどうなっちゃうかね?」

川;゚ -゚)「や、やめろ!」

('A`)「ほらほら、病人が動いちゃ駄目でしょ」

川 - )「はぁ・・・はぁ・・・た、頼む。それだけはやめてくれ」

('A`)「んー、それは君しだいかな? 僕の言うこと聞いてくれたら返してあげりゅよ!」


49 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:02:21.37 ID:IGFAGpIy0

川;゚ -゚)「わ、わかったから。言うこと聞くから写真を隠してくれ!」

('A`)「んー、いい子でちゅね。じゃあ、まずは――」

川;゚ -゚)(ゴク・・・)

('A`)「て、て、て・・・」

川;゚ -゚)「?」


('A`)「手を、握ってもらおっかなー」

川 ゚ -゚)「・・・は?」


50 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:04:54.98 ID:IGFAGpIy0

('A`)「ほ、ほら、手を握って」

川 ゚ -゚)「あ、ああ」

川 ゚ -゚)(くそ、トイレ行った後の手じゃないだろうな・・・ぐ)


ギュッ


('A`)「あ、あ、あぁぁっぁあふぅ!!」

川;゚ -゚)「ひぃ!?」



53 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:08:14.28 ID:IGFAGpIy0

「クー、大丈夫かな?」
「あんなもの隣で見せられちゃね・・・心配だよ」
「あれ? なんか声聞こえない?」


('A`)「あひゅうううううぅん!!」

川;゚ -゚)「ひぃぃぃ!!」


「なっ! クーが危ない!」
「ドクオの魔の手がクーの手にぃぃぃ!!」
「消火器、消火器ぶちかませ!!」


シュワァァァァァ・・・!


('A`)「あぁぁぁぁ!! 目が、目がぁぁぁ!!」

「クー、大丈夫!?」

川;゚ -゚)「はぁ・・・はぁ・・・。あ、ああ」



56 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:11:50.56 ID:IGFAGpIy0

('A`)「お、おお・・・き、さ、まラ――!!」


「ギャ―! ドクオが生きてる!!」
「先生呼べ!! 早くしろ、死人が出るぞ!!」

('A`)「許さん、許さない。絶対にユルサナイ」

川;゚ -゚)「・・・な、何を?」

('A`)「汚物は、消毒だ」


「うわぁぁぁl小便出す気だぁぁあぁ!!」
「キャ――!!」
「ドクオの方を見るな! 目が腐るぞ――!!」




61 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:16:30.60 ID:IGFAGpIy0

『生徒の皆さんにお知らせです。これは訓練ではありません。ただちに校庭に集合してください』


「はい、一列に並んで! 落ち着いて非難・・・じゃない、避難して!」
「女子を最優先させろ! 奴の狙いは女子だ!」


川;゚ -゚)「ハァ・・・ハァ・・・つ、疲れた」

( ^ω^)「大丈夫かお? クー」

川 ゚ -゚)「内藤・・・!」

ギュッ

(;^ω^)「ク、クー?」

川 ゚ -゚)「ごめん、今だけ・・・このままでいさせて」


「早く生徒の避難を! 彼はもう止められません!」
「だ、だからあの生徒を入学させるのは嫌だったんだ!」



63 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:17:55.01 ID:IGFAGpIy0

( ^ω^)「・・・」

川 ゚ -゚)「内藤」

( ^ω^)「なんだお?」

川 ゚ -゚)「どうして、ドクオはあんなに嫌われてるんだろう」

( ^ω^)「・・・お?」



68 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:26:08.78 ID:IGFAGpIy0

川 ゚ -゚)「私が入学した時は、もう嫌われていたし・・・」

( ^ω^)「・・・あいつは」

( ^ω^)「あいつは、元からあんな歪んだ性格だった訳じゃないお」

川 ゚ -゚)「・・・」

( ^ω^)「小学校の頃は、普通の、やさしい奴だったんだお・・・」





70 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:28:56.64 ID:IGFAGpIy0

――小学校時代


「はい、今日は粘土で好きなものを作りましょう」

「はーい!」

('A`)「ふんふふーん」

「ドクオ、何うんこ作ってんだよwwww」

('A`)「うんこじゃないよ、ソフトクリームだよ!」

「どう見てもうんこじゃんwwうわ、きったねー!」

('A`)「ちがうよ! ソフトクリームだよ!」

「うーんーこ!うーんーこ!」
「サイテー。下品」
「よ!うんこマン!」

('A`)「あ、あはは。うん、うんこまんだぞー!!」

「キャー!!」
「きっめぇぇぇっぇぇwwwww」
「うんこマンだーー!!!」



73 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:31:35.08 ID:IGFAGpIy0

( ^ω^)「それから、ドクオへのからかいは殆どいじめのようになっていったんだお」

川 ゚ -゚)「・・・ひどい」

( ^ω^)「いつしか、誰も寄付けないくらい性格が歪んで・・・みんなから避けられてたんだお」

川 ゚ -゚)「・・・」

( ^ω^)「僕は・・・その、いじめには参加してなかったけどお」

川 ゚ -゚)「・・・ドクオ!」


(;^ω^)「く、クー!?」


74 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:34:45.09 ID:IGFAGpIy0

('A`)「おらおら―! さっきの女子出て来い!小便ぶっかけるぞ!!」


「キャ――!!」
「逃げろぉぉぉぉ!!」
「気持ち悪いよぉぉ!!!!」

('A`)「俺はきもいぞーーわははは!」


( ,,゚Д゚) 「そこまでだ外道!」

ξ゚听)ξ「これ以上、風紀を乱すのはやめてもらえないかしら?」

('A`)「あん、なんだお前ら?」



76 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:37:52.48 ID:IGFAGpIy0

( ,,゚Д゚) 「風紀委員長、ギコ!」
ξ゚听)ξ「同じく副委員長、ツンよ!」

('A`)「邪魔すんなよ・・・俺は今、なにするかわかんねーぞ」

( ,,゚Д゚) 「風紀を乱す者を」
ξ゚听)ξ「やすやすと見逃すわけにはいかないわ」

('A`)「へえ・・・どうなっても知らないぜ――――」



川 ゚ -゚)「ドクオ・・・!!」

タッタッタ・・・


78 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:39:36.99 ID:IGFAGpIy0
「おおー、すげぇ。さすが風紀委員だぜ」
「いいぞー! もっとやれー!」


川;゚ -゚)「ハァ、ハァ・・・ちょっと、すいません」


川 ゚ -゚)「――!!」



('A`)「う・・・げほっげほっ!」

( ,,゚Д゚) 「たわいも無い」
ξ゚听)ξ「たわいも無いわね」



79 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:41:19.87 ID:IGFAGpIy0

('A`)「ちくしょう、エアガンとは汚ぇぞ・・・」

( ,,゚Д゚) 「君に言われたく」
ξ゚听)ξ「無いわね」

('A`)「ぐ、ぐはぁ! ち、血が止まらねぇ」

( ,,゚Д゚) 「ケチャップだけどな」
ξ゚听)ξ「ケチャップよね」


川 ゚ -゚)「ドクオ!!」



82 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:43:28.18 ID:IGFAGpIy0

('A`)「く、クーさん?」

川 ゚ -゚)「ドクオ、大丈夫か!?」

('A`)「う・・・」

川 ゚ -゚)「しっかりしろ。今、保健室に・・・!」


「え、何々?なんで?」
「クー、ドクオに触っちゃ駄目だよ!菌が感染しちゃう!!」
「よせ!自分が何をやってるのかわかってるのか!!」


川 - )「・・・黙れ」



85 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:45:42.14 ID:IGFAGpIy0

( ,,゚Д゚) 「おいおい君。そいつは風紀委員にまかせなさい」
ξ゚听)ξ「危ないわよ。死んでしまうわ」


川 ゚ -゚)「黙れ!!」


( ,,゚Д゚) 「ひぃ!」
ξ゚听)ξ「こわぁ」


川 ゚ -゚)「お前ら、どうしてドクオがこうなったかわからないのか!!」



89 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:48:32.18 ID:IGFAGpIy0

('A`)「クー・・・さん?」

川 ゚ -゚)「こいつの心を歪ませたのはな、お前ら全員だ。
     ・・・お前ら、ドクオの立場になって物事を考えたことがあるか?
     毎日、毎日、罵倒を浴びせられ、避けられ・・・」


「・・・」

( ^ω^)「クー・・・」



90 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:52:14.10 ID:IGFAGpIy0

川 ゚ -゚)「誰一人、手を差し伸べてやれなかった。私も・・・だ」

('A`)「・・・」

川 ゚ -゚)「もう、もう、やめようよ・・・。これ以上、ドクオの心を歪ませないで・・・」


( ,,゚Д゚) 「・・・」
ξ゚听)ξ「・・・」

( ^ω^)「・・・」


('A`)「クーさん・・・俺、俺・・・」

川 ゚ -゚)「ああ、大丈夫だ。大丈夫だから・・・」


「校長!こっちです!!」
「おお、教頭。まさか空気砲を用意してるとはさすがだねきみぃ」



96 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:54:04.46 ID:IGFAGpIy0

('A`)「――!!危ない!」

ドンッ!

川 ゚ -゚)「うわっ!」




――――バァンッ!




川 ゚ -゚)「っつ・・・ドクオ?――おい! ドクオ!!」



99 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 00:56:34.34 ID:IGFAGpIy0

「はは、一発で気絶させるとは、さすが校長!」
「いえいえ、なーに、若い頃はこれで女を引っ張ったもんですよ」


川 ゚ -゚)「ドクオ! おい、しっかりしろ!」

('A`)「ヒュー・・・ヒュー・・・く、クー」


( ^ω^)「ドクオ!!」

「ドクオ君!!」
「ど、ドクオ、おい!!」



「あれ、なんか生徒たちがうるさいですな校長」
「何、私の腕に歓声をあげているのでしょう」


105 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:00:06.18 ID:IGFAGpIy0

川 ゚ -゚)「ドクオ! 大丈夫か!? 待ってろ、今救急車を・・・!内藤、救急車を!」

( ^ω^)「わかったお!」

('A`)「ヒュー・・・ヒュー・・・い、いや、いい」

川 ゚ -゚)「何言ってるんだ・・・! ひどい怪我じゃないか!」

('A`)「自分の・・・体は、よく、わかるな。も、もう、持たないよ。グフッ!」

川 ;-;)「馬鹿な・・・馬鹿なことを言うな! やっと、やっとお前が・・・!」

('A`)「クーさ・・・ん、ごめ、んね。ネガ、とか、ほんと、は、もう・・・燃やした・・・んだ」





106 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:03:51.14 ID:IGFAGpIy0

川 ;-;)「ドクオ、いいんだ。あんなの気にすることじゃない。」

('A`)「俺・・・ずっと・・・クー、さんの・・・こと、見てて・・・カー・・・チャンに、似てて・・・」

川 ;-;)「もういい、喋るな! わかったから、わかったから・・・!」

('A`)「クーさ、ん」



         「ありが、とう」




川 ゚ -゚)「・・・ドクオ?」



( ^ω^)「クー、今、救急車が・・・き・・・」


――――


――




112 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:07:37.30 ID:IGFAGpIy0

白い病室。

退屈そうに新聞を眺める、一人の老人。

(´・ω・`)「学校教員による傷害事件。空気砲を生徒に向けて発砲、か」

老人は新聞の一面を見て、ため息をついた。

(´・ω・`)「嫌だねぇ、最近の社会はどうなっているんだか・・・あなたもそう思わないか?」

老人は、向かいのベットに寝ている少年に話しかける。

すると、少年はゆっくりと視線をこちらに向け、答えた。

('A`)「・・・そうですね。不安になるなぁ。ただでさえこんな状態での編入なのに・・・」




120 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:12:33.82 ID:IGFAGpIy0

(´・ω・`)「君も学生だったっけ? ・・・ごめんね、暗いニュース教えちゃって」

('A`)「いえ・・・僕には、友達がいるから大丈夫ですよ、きっと」

(´・ω・`)「そうか。友達ってもんは、人生で一番良いものだ。大切にしなよ」

('A`)「はい」

老人が微笑む。

少年も、それにあわせて純情な笑みを浮かべる。

「おい、病室の番号って何だっけ?」
「176番、だ」
「おっお! ドクオは元気にしてるかお?」

(´・ω・`)「ふふ、どうやら友達のお出ましのようだね」



124 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:16:58.38 ID:IGFAGpIy0

廊下から聞こえる声が、徐々に近づいてくる。


川 ゚ -゚)「おはよう」

('A`)「おはよう、えっと・・・」

川 ゚ -゚)「クーだ」

( ^ω^)「ちなみに僕は内藤だお」

('A`)「ごめんごめん。まだあんまり覚えられなくて・・・」

川 ゚ ー゚)「おいおい、覚えてくれなきゃ困るぞ? 同じクラスメイトなんだからな」

クーはやさしく微笑み、ドクオもそれに合わせて、微笑む。



128 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:20:48.81 ID:IGFAGpIy0

( ^ω^)「そうだお! もう来週から復帰だお?」

('A`)「うん・・・でも不安だな。前の僕がどんな人だったかわからないし・・・」

ドクオの顔が曇る。

クーがそっとドクオの肩に手を載せ、

川 ゚ -゚)「大丈夫、お前らしくしていればいい。ドクオはドクオだ。」

('A`)「・・・うん。そうだね、そうだよね!」

ドクオの表情に明るみが戻る。

その顔は、希望に満ち溢れている。


('A`)「おはよう、えっと・・・」



131 名前:1[] 投稿日:2007/02/20(火) 01:24:43.55 ID:IGFAGpIy0

('A`)「ところでさ、ずっと気になってたんだけど」

川 ゚ -゚)「なんだ?」

('A`)「記憶を失う前の僕は、どんな人だったの?」

川 ゚ -゚)「そうだな・・・」


心地よい風が、病室の中を駆け抜ける。



川 ゚ -゚)「優しくて、心の強い人だったよ」




fin






ブログパーツ ブログパーツ
inserted by FC2 system