( ^ω^)ブーン系小説完結作品集('A`) 〜('A`)ドクオがちょっとだけ社会主義に憧れるようです〜

( ^ω^)ブーン系小説完結作品集('A`)

( ^ω^)ブーン系小説完結作品集('A`)更新情報


TOP ( ^ω^) ('A`) ( ´_ゝ`) (´・ω・`) 川 ゚ -゚) (*゚ー゚) ξ゚听)ξ




当サイトはブーン系小説の完結作品集 です。 読み物系は嫌いって方はご退場ください


下記からブーン系小説のジャンルを選択してください
ギャグ系:
戦闘系:
五十音別:
感動系:
カオス系:
作品一覧:
下ネタ系:
未分類:
その他:
1 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:17:38.15 ID:3SkPWZAh0

 ぴぴぴぴっ、ぴぴぴぴっ、ぴぴぴ…  バシッ

('A`)「ん…なんだよ。もう6時か」

布団の中になかば潜ったまま、俺は目覚まし時計を止める。

('A`)「ふあぁ…。さて…」

 そう言い、俺はのそのそと布団から起き出すとトースターにパンをセットし、
 水の入ったヤカンを火にかけて洗面所に向かう。
 いつもの朝の光景だ。
 これから俺は顔を洗ったり髭を剃ったりして、会社に逝く準備をしなくてはならない。
 眠い目をこすりながら、淡々とその作業をこなす。
 勤め先の会社は世に言う大企業ではなく、好景気といわれる現代でも経営難に陥っている。
 そんな会社でも俺の勤め先であることには変わりないので、少々労働条件が
 悪くても生活のために今日も出社する。


2 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:19:46.38 ID:3SkPWZAh0

 だが、最近は少々度が過ぎる。
 夜の9時まで働くのは当たり前。給料は一向に上がらないのに
 税金と労働時間は容赦なく上がっていく。最近睡眠不足だと思う。

('A`)「働けど働けどなほ わが暮らし 楽にならざり ぢっと手を見る …か」

 そうひとりごちながらも朝食を済ませると、手早く身支度をして今日も会社に向かう。
 そんな俺には、夕飯がてら勤務開けに時々寄る店がある。


3 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:21:30.37 ID:3SkPWZAh0


 職場ではパソコンに向かいながら仕事をこなしていく。  さながら、ロボットになったようだ。  業務をこなしてもこなしても、そのまた次の業務がやって来る。   時間の感覚が失われる。  目は霞むし、肩は凝る。  それでもパソコンに向かう。延々とその繰り返しだ。  そんなことを繰り返しているうちに9時になり、今日の仕事が終わった。  どうやらデスクの向かいに居るアイツも同時帰社になるらしい。  たまには2人で例の店に行くのもいいもんだ。


( ^ω^)「課長、お先に失礼しますお」
('A`)「お先に失礼します、課長」
^^ω)「ああ、ご苦労だったホマ。…いつも遅くまで残業してくれて申し訳ないホマ」


4 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:23:25.52 ID:3SkPWZAh0

( ^ω^)('A`)「いえいえ。では」


 そういって俺たちはオフィスを出る。ネクタイを緩め、隣のブーンに訊いてみた。


('A`)「今日も逝くか?」

( ^ω^)「当然逝くお。最近あまり逝ってないから恋しくて堪らないお」

('A`)「よし。じゃあ、いつも通り流しのタクシーを拾うか。
前回は確かブーン持 ちだったから、今日は俺持ちだな」


8 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:28:03.80 ID:3SkPWZAh0

 大通りに出れば、流しのタクシーを見つけるのは容易だ。
 俺たちはタクシーに乗り込むと、行き先を告げる。


('A`)「○○町の、『小料理屋クー』まで」

( ,,゚Д゚)「いょぅ。分かりました」


 タクシーは静かに動き始める。東京の空は、夜の8時になっても明るい。
 不夜城とはこんなものだろうか。
 空が明るいのは、誰かがそこで労働している証拠でもある。
 街中にはコンビニや牛丼屋など、24時間営業の店がここ最近でも
 急激に増えてきた気がする。
 そのぶん、深夜でも当然に働く人間が増えたという事だろうか。


('A`)「なあブーン」

( ^ω^)「うん?何だお?」

('A`)「ツラくないか?今の仕事…」


9 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:30:22.49 ID:3SkPWZAh0

(; ^ω^)「正直言ってツラいお。
5年ほど前は仕事の量と給料とが比較的安定していたけど、今は酷いお。
朝は早いし夜は遅い。最近睡眠時間もめっきり減 って、もう倒れそうだお…」

('A`)「だよなあ。重役どもは何をやっているんだ?
社長だってボンボンだからロクな苦労したわけではないし
仕事の量だって明らかに俺たちより少ないのに、いい物食って
たんまりと給料貰ってやがる。ったく、どうかしてるぜこの会社」

( ,,゚Д゚)「お客さん…」

('A`)「うん?何だ?」

( ,,゚Д゚)「あっしも話にちょいと加わって良いですかね」

( ^ω^)「別にいいお」

('A`)「構わないよ。ただ、事故らない程度に会話してくれよ」

( ,,゚Д゚)「では一つ…。私は、ご覧の通りタクシーの運転手です」

('A`)「そう見えるな。現にタクシーを運転しているんだから、本物なのだろう」

( ,,゚Д゚)「はい。で、私どもの業界の話になるんですが…」


11 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:34:55.09 ID:3SkPWZAh0


('A`)「うん」

( ,,゚Д゚)「お客さん、東京駅の八重洲口に逝ったことはあります?」

('A`)「あるよ。出張で新幹線をよく使うものでね。」

(; ^ω^)「僕もあるお。あれは凄いお」

( ,,゚Д゚)「それなら話は早い。
八重洲口前のタクシー乗り場は、同業者どもの車で占領されています。
    ここ2年くらいですかね。規制緩和とか何とかで、ライバルが
次から次へと湧いて来たのは。
    だからと言っても、お客の量はタクシーの量が増えたからといって、
大して変わるワケじゃない」

信号待ちをしている間、運転手は次々と感情を吐露していく。

( ,,゚Д゚)「当然、会社の収益は減ります。その責任は、現場に直接跳ね返ってくるんですよ。
    それで、『努力が足りない』というワケで、サービス残業は当たり前。
妻子も居るというのに、 八重洲口だけでも通算百の夜を過ごしましたかね。
それでもお客が入ってこない夜の方が多いんですよ。
    そんな夜が増えたっていうのに、給料はいっこうに上がらない。
好きだった煙草も、妻子のために止めました。
    そうでもしなきゃ、やって行けないんですよ」


12 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:39:08.44 ID:3SkPWZAh0

(; ^ω^)('A`)「……」

 俺たちは言葉を失っている。  否、言うべき言葉が見つからないといった方が正しいのかも知れない。  とにかく、目の前の男の現実は、俺たちの現実と乖離していた。  俺たちも十分仕事で苦労してきたと思っていたはずなのに、  目の前のこの男と比べてみるといかに瑣末な事かがわかる。  愛する者が家で待っているのに、彼女らを思うが故に会えない。  彼は、そんな夜を幾度となく過ごしてきたのだ。

( ,,゚Д゚)「最近、娘との会話もめっきり減ってきましてね」

そう言い、車は最後の四つ角を左折する。

( ,,゚Д゚)「家に帰ってきても、どことなくよそよそしいと言うか。
まあ、私も家に帰ってまずすることと言ったら、
    寝ることですからね。内心、妻も娘も淋しいんだと思いますよ。
でもね、それを2人とも耐えているのだと思うと不憫でならなくて…」

軽いブレーキ音。
右手には『小料理屋クー』と書かれた看板が光っている。


14 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:42:53.13 ID:3SkPWZAh0

( ,,゚Д゚)「着きました、お客さん。えーと、1280円ですね」

('A`)「はい」

そう言い、俺は1500円を差し出す。

( ,,゚Д゚)「220円のお釣りですね」

車内はガシャガシャと小銭入れを漁る音で満たされる。

( ,,゚Д゚)「はい。220円と領収書。…すみませんね。
なんか愚痴を零したみたい になってしまって」

(; ^ω^)「いや、気にしないでくれお。貴重な話だったお」

( ,,゚Д゚)「はあ。どうも。お客さんが乗ってくれて有り難かったですよ」


15 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:46:19.70 ID:3SkPWZAh0

('A`)「じゃ、体に気をつけてな」

( ,,゚Д゚)「はい。どうもありがとうございました」

ドアが閉まる音が辺りに響き、やがてタクシーは走り去る。

(; ^ω^)「…」

('A`)「…入るか」

( ^ω^)「そうするお」

俺たちは引き戸を開き、暖簾をくぐる。

川 ゚ -゚)「いらっしゃ〜い」


20 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:53:53.11 ID:3SkPWZAh0


川 ゚ー゚)「あら、珍しい。今日はお2人なんですね」

( ^ω^)「たまにはそんな日があってもいいと思うお」

川 ゚ー゚)「ふふっ。今日はもう誰もいないから、閉めてしまおうかと思ってたんですよ。
   でも、金曜日だからドクオさんくらいは来るかな…と」

('A`)「『くらい』ってのは聞き捨てならんなぁ。おい」

川 ゚ー゚)「まあいいじゃないですか。それで、まずはビールからですか?」

('A`)「ああ。中瓶とコップでいいよな?ブーン」

( ^ω^)「それでいいお」


22 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 21:58:15.59 ID:3SkPWZAh0

('A`)「あ、それと揚げ出し豆腐ひとつ」

( ^ω^)「じゃあ僕はサンマの塩焼きで」

川 ゚ー゚)「は〜い。突き出しのモズクでもどうぞ」

 『小料理屋クー』の女将さんは、とても聞き上手だ。
 時々会社帰りにこの店に寄っては、仕事上の愚痴を聞いて貰ったりする。
あらかた話し終えると、なんだかこう、肩の力がふっ、と抜けて
 「明日も頑張るか」という気分になる。それに料理も美味しいので、
 純粋に食べ物目当てに来るのもいい。


24 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:01:33.68 ID:3SkPWZAh0


川 ゚ー゚)「じゃ、まずビールですね」

 クーさん自らが栓を抜き、カウンター越しにコップに注いでくれる。
 これがまた美味しかったりするから不思議なものだ。
 自分で注ごうとすると、こうはいかない。

('A`)「じゃ、ブーン。乾杯だ」

( ^ω^)「土曜日に乾杯だお!!」

('A`)「ははっ。違いない」

カチン、と冷えた音が店内に響き、俺たちはコップのビールを一気に飲み干した。


26 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:04:55.69 ID:3SkPWZAh0

('A`)「あ〜、やっぱりスーパード(ry」

( ^ω^)「喉にガツンと来るお」

川 ゚ー゚)「仕事帰りにビールを飲む方たちは沢山居ますけど、
誰もドクオさんたちのように美味しそうには飲んでくれませんよ」

( ^ω^)「それは何よりだお。ところで、僕のサンマはまだかお?」

川 ゚ー゚)「は〜い。ただいま。ドクオさんのもお待たせ」

('A`)「こりゃ旨そうだ。頂きます」

( ^ω^)「頂きマスの寿司だお!!」


28 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:08:51.77 ID:3SkPWZAh0


 しばらくの間俺たちは食べて、飲んだ。
 ビールもそれぞれ瓶1本ずつは飲んだだろうから、結構気持ちよく酔い、
 俺たちは結構饒舌になっている。

(*'A`)「なぁブーンよう」

( *^ω^)「なんだお?…ゲェップ」

(*'A`)「汚ねえなぁ…。あのさ、この社会ってさ、つくづく不公平だよな」

( *^ω^)「そうかも知れないお。現に、僕らだって
一生懸命働いているのに薄給だし、あの運ちゃんも可哀想だったお」

(*'A`)「だろ。頑張ったら頑張った分だけ認めてくれる社会にならねぇかな。
ほら、あっただろ。社会主義とか何とかってのが」


31 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:15:06.96 ID:3SkPWZAh0

( *^ω^)「でもそれはそれで大変そうだお。
たしかに、悪賢く稼ぐ金持ちもいれば、プラプラしているDQNどもに
      暴行されて逝ってしまうホームレスもいるから、
ちょっとは不平等をなくして欲しいお。だけど社会主義ってのは…」

川 ゚ー゚)「あらあら、なかなか難しい話をしているじゃないですか」

(*'A`)「いや、俺たちリーマンには切実な話だって。
俺たちは中小企業の社員だけどさ、クーさん。
どんな社会だって、下っ端が居なきゃ成り立たないんだよ。
で、その俺たち下っ端が一番冷や飯を喰っている。
これはどういうことなんだ って思うよ。
   だいたい、さっき俺たちを乗せてきた運ちゃんも…(ry」

川 ゚ -゚)「ふーん。やっぱり、現代は底辺が苛められる社会なのかも知れないわねぇ」

(*'A`)「でしょ?」

川 ゚ー゚)「でも、ね」


33 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:18:33.18 ID:3SkPWZAh0


(*'A`)「うん?」

川 ゚ー゚)「世の中にはね、ドクオさんの言うような、客待ちが日課の運転手や
毎晩突貫工事をする土方もいますよ。
    だけど、その反面で『働いたら負けかなと思ってる』なんて言う
ニートや毎日ネットばかりやってる無職もいます。
    そんな人がいる中で、果たして社会主義になったとしても
私たちはうまくやっていけるかしら?」

( *^ω^)「考えてみればそうだお。僕らが額に汗して働いているのに、ニートも
同じ給付を受けるのは納得がいかないお。
      まだ僕らはいいかも知れないけど、妻子持ちのあの運転手はどうなるお?」

(*'A`)「うん…そうだな……」


34 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:23:15.04 ID:3SkPWZAh0


川 ゚ー゚)「ドクオさんたちはまだいい方ですって。頑張ったぶん、ある程度は
評価されているんですから。
    社会主義国家も、あとは中国やキューバくらいになりました。
中国では、社会主義を採用しているはずなのに
    貧富の差が生まれているから、格差を是正するのが大変らしいとか。
あんなに大きな国でしょう?上手くいけばそれはそれでいいんですが」

(**'A`)「…」

川 ゚ー゚) 「それに、です」

(**'A`)「ああ……」


35 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:26:17.80 ID:3SkPWZAh0

川 ゚ー゚) 「社会主義だと、どんなに頑張って働いても、どんなに手を抜いても
     ノルマを達成しさえすれば報酬は同じだったらしいですよ。それで労働意欲が
     失われたとか。じっさい、詳しいことは私には分かりませんけどね」

 (**'A`)「……」


37 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:31:47.82 ID:3SkPWZAh0


 頭がうまく働かない。
 俺の置かれている境遇は、思ったより悪くないものなのか?
 だとしたら、この境遇にこれからも耐えていかなければならないのか?
 そもそも、『耐える』こと自体が贅沢なのか…?
 俺は少し混乱していた。

川 ゚ー゚)「ドクオさんたちを見ていますと、ね」

 気がつくと、クーさんが俺の隣に座っている。ブーンもクーさんを見ている。

川 ゚ー゚)「頑張る姿って、素敵だなぁって思いますよ。私は主人の遺志を継いで今も小料理屋を
    やっていますけど、ドクオさんたちにはまだ、報われる余地がありますって。
こんな店、出世とかとは無縁ですもの」 


38 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:34:58.80 ID:3SkPWZAh0

( *^ω^)「そうだおドクオ。会社の業績が上向けば、少しは僕たちも報われるかも知れないお。
      それに、こうやってドクオと仕事帰りに飲むビールは格別だお 、ゲプ」

そう言い、ブーンは俺の肩をぽん、と叩く。

(**'A`)「そう…かもな……」

川 ゚ー゚)「今の社会、頑張り方しだいでは必ず報われるんです。まだドクオさん
   たちには希望があるじゃないですか。生前、夫のショボがよく言ってました。
 『負いかたひとつで重荷も軽い』…って。下ばっかり見ていたら、切りがないですよ」

そういって、クーさんは俺の顔を覗き込む。優しい笑みを浮かべていた。


39 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:38:43.33 ID:3SkPWZAh0

(**'A`)「クーさん」

川 ゚ -゚)「はい?」

(**'A`)「まだあるかな…バーボン。ショボの名前聞いたら久し振りに飲みたくなったよ」

( *^ω^)「まだ飲む気かお?相当…ウップ。相当酔ってるお」

川 ゚ ー゚)「あらぁ。今はバーボン無いんですよ。来週いらして下さるのならお2人のために
    夫が好きだったバーボンを用意しますけど」

( *^ω^)「それでいいお。ドクオも今日はもう飲まない方がいいお」

(**'A`)「そうか…じゃあ、そうするよ。そろそろお暇するかな。えーと、勘定は…」

川 ゚ー゚)「今日はいいですよ。久し振りにお話できて楽しかったです」

( *^ω^)「え…でも……」

川 ^ー゚)b 「来週、いらっしゃって下さるんですよね?」


41 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:43:41.08 ID:3SkPWZAh0

ガララッと、引き戸が開く音。

(**'A`)( *^ω^)「ごちそうさまでした」

川 ゚ー゚)「どうも。お気をつけて」

 そう言い、クーさんは道を歩く俺たちの後ろで暖簾を取り外す作業に取りかかる。
どうやらクーさんの予想どおり、俺たちが最後の客になったようだ。
 大通りに向かう道を、俺とブーンは肩を並べて歩く。少々足取りはおぼつかな
いものの、まっすぐ歩けないほどでもない。狭い道に俺たちの
足音が反響しているのがよく聞こえた。
 2月の夜風は冷たく、俺の酔いをいい感じに醒ましてくれる。
それでも、クーさんの店で感じた
温かみはまだ俺の胸に残っている。それは、隣で歩いているブーンも同じことだろう。


42 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:46:34.76 ID:3SkPWZAh0

 煙草に火をつけながら、これからのことを考える。つらい職場だとは思うけれども、
クーさんのお陰で肩の力が抜けた気がする。この調子なら、月曜日からも
何事も無く出勤できるだろう。

(*'A`)「なあブーン」

( *^ω^)「なんだお?」

煙を吐きながら、俺は言ってみた。

(*'A`)「この社会も…案外捨てたものじゃないのかも知れないな」

( *^ω^)「僕もそう思うお」


43 名前: ◆spzKjTJd5o [] 投稿日:2007/02/05(月) 22:51:21.00 ID:3SkPWZAh0

 やがて、大通りに出る。俺の家はここからは近いので、ブーンだけが
タクシーに乗って家に帰ることになる。
ここに来るまでにしたように、俺は流しのタクシーを止めた。

(*'A`)「じゃあ、お別れだ。今夜は楽しかったよ」

( *^ω^)「僕も楽しかったお。じゃ、これで」

 ブーンがタクシーに乗ろうとする。しかし、そこで俺はいったん呼び止めた。

(*'A`)「ブーン、ちょっと」

( *^ω^)「なんだお?」

(*'A`)「来週も…飲みに来ような」

( *^ω^)「もちろんだお!!」

 ドアが閉まり、タクシーが走り出し、やがて見えなくなる。心なしか辺りの空気が新鮮に感じられた。

('A`)「さて、と」

 俺は吸殻を携帯灰皿に入れ、2月の空気を肺いっぱいに吸い込み、思いっきり吐き出した。

('A`)「帰るか」

 そうひとりごちると、俺はちょっと軽い足取りで家路についた。
                                      fin. 




http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1170677858/


ブログパーツ ブログパーツ
inserted by FC2 system